Linuxのススメ

Alter Linux を中心にLinuxについて書いてみます

MX Linux を使ってみた。

こんにちわ。Daizoです。

表題の通りMX Linuxを使ってみました。
このディストリビューションは世界的にはとても注目のLinuxらしいです。

使ってみた感想としては、面白いディストリビューションですね。
まず、GUIの裏で動いているコンソール画面が見ることができる。
この点はとてもいいと思います。何やってるかわからないなんてことは、比較的なくて、コンソール画面が表示されてログがでるので、見ていてわかる感じが良いです。
軽く、キビキビ動く感じもとても良いです。
また、Ubuntuではデスクトップマネージャを変更できないのですが、MXLinuxでは変更が可能です。
なので、MATEとかにすると軽くなってとても良いです。

とってもいい感じなのですが、このMXLinux、ベースがDebianなので、カーネルPythonなど、各バージョンが古いんです。
私は新しいものが大好きなので、この点はちょっと抵抗があります。
だからと、pyenv をつかって、pythonをバージョン上げて使ってみようとしたのですが、インストールはうまく行くのですが、実際に使おうとすると、原因不明のエラーで動きません。
この辺は、残念でなりません。

このまま使うのか、別のLinuxに変更するのか悩みながら、今は MX Linuxを使ってます。
どうするかな〜〜〜

う〜〜〜ん、Ubuntuもな〜〜〜

こんにちわ。Daizoです。

Fedoraの重さに耐えかねて、Ubuntuをインストールしたんですが、これはこれで、イマイチなんです。
何がイマイチがと言うと、アップデートの際に保留が残ることなんです。
私は、できるだけ最新バージョンが使いたいという新しい物好きです。なので、最新版に常に更新して、新しくして行きたいんです。
Ubuntuの場合、アップデートを行うと、頻繁にアップグレードがされず、保留のパッケージができるんです。
これが嫌い!
私が更新したいとコマンドを打ち込んだのだから、その通り更新しろ!と言いたい。
UNIXの世界ではrootの権限は絶対でなければいけないのですが、最近Linuxもシステムが壊れるのを心配してかできないことが多い。
それでは私は嫌なんです。更新しろ!とコマンド打ち込んだのだから、壊れようが構わないから更新してほしいんです。
それがかんたんにできないのがUbuntuの良くない点。もちろん全くできないわけじゃなくて強制的にやることはできるんだけど、パッケージ毎にインストールしていく方法なので面倒だし、本来のやりかじゃないのが気に入らない。

ということで、OpenSUSEをインストールしようとしたのですが、なぜか、エラーで弾かれてうまくインストールできません。
仕方ないので、Fedoraに戻ってきてしまいました。

う〜〜〜ん、何やっているんだろうな〜〜〜

やっぱりUbuntu になりました

こんにちわ。Diazoです。

ちょっと前に、Fedoraをしばらく使います。ということを書いていたのですが、やっぱりUbuntu に戻しました。
というのも、デスクトップ環境をいろいろ変えて使ってみたのですが、どれもダメでした。
どこがダメかと言うとターミナルの動作です。私はGUIよりCLIのほうが好きなため、ターミナルを多用します。
なので、ターミナルでの動作が一番問題です。しかし、Fedoraだと、反応がどのデスクトップ環境でも遅く反応が悪いです。
これでは、Linuxを使っている意味がない。
なので、Ubuntu に戻しました。Ubuntuはターミナルの反応は早いので、ストレスがあまり貯まりません。
Ubuntu の本家はデスクトップ環境はGNOME なので重いはずなんですが、ターミナルの動作はサクサクです。
ということで、やっぱりUbuntuをしばらく使いたいと思います。

Fedora をしばらく使ってみるかな?

こんにちわ。Daizoです。

Fedora なんですが、重かったので使ってなかったんですが、個人的には、使いたいディストリビューションなんです。
なぜかと言うと、カーネルやその他ソフト関係がほぼ最新バージョンなのが、新しい物好きな私にはどストライクなんです。
また、パッケージマネージャもRPM系なので、ソフトもインターネット上にたくさんあります。けど、重くてせっかちな私には、使いづらかったんです。そこで、最近知ったのはデスクトップマネージャを変えることができるということです。
それならば、デスクトップマネージャを軽いものに交換すれば使えるんじゃない?と思い、Fedoraをインストールしてみました。
変える方法は、デスクトップマネージャをインストールして、ログイン画面で歯車アイコンをクリックし、プルダウンメニューで使いたいデスクトップマネージャを選択し、ログインすればデスクトップマネージャを変えることができます。

ということで、Fedora をインストールして、デスクトップマネージャをインストールすることから始めます。
セットアップは何回かやったことあるので、サクッとインストールしました。
そして、デスクトップマネージャをインストールする方法ですが、

  • sudo dnf groupinstall "MATE Desktop"

でインストールすれば終わりです。
他にもXFCEKDE Plasma ,cinnamon なんかもありますね。cinnamon も好きなのでついでにインストール。
インストールがおわれば、ログアウトだけでも良さそうですが、念の為、再起動して、デスクトップマネージャを変更してログインしました。
結果を言うと、少しは軽いかもしれないが、やっぱり重いです。
特に、ターミナルの補完機能が遅いです。補完なので、私は1秒ぐらいしか待てません。
個人的には瞬時に補完してほしいのです。それがFedoraはできないことが多いんです。
まあ、MATEターミナルなら、少しはマシになるので、しばらくは使ってみたいと思います。
それでも、重いですが・・・
Fedora もっとターミナルの動作が軽くならないかな・・・・・・

Linux Mintは初心者向け?

こんにちわ。Daizoです。

よくLinux Mintは初心者向けと聞くのですが、私はあんまりそう思えないんだよね。
なので、聞いてみました。その理由は主に

  • WIndowsに操作感が似ている。
  • GUI操作である程度できてしまう。
  • インストールが簡単。

といったことが、原因のようです。
確かに、アップデートなんかはGUIでできますし、WIndowsのような操作感は便利です。
しかし、Bluetoothなんかも標準では認識しないことも多い。
結構、コマンドで操作しないといけないことも多いんですよね。
その上、補完が完全でない場合も多いし、英語のドキュメントも多く、読めない私には辛い。
そう考えると、決して初心者向けとは言えないと思うんです。

みなさんは、どう考えますか?

Flatpak って良いの?

こんにちわ。Daizoです。

Linux Mint を入れて、Flatpak でVSCodeをインストールしたのですが、Pythonのモジュールが読み込まれずエラーで落ちます。
コンソールからやれば、同じコードでも実行できます。あんまりうまくいかにから、MicrosoftのページからVSCode をダウンロードしてインストールした場合は、何も問題なく動きます。
どっかに設定があるんだと思いますが、わかりません。
こんなことは他の人はおこらないのか、ググってもそれらしき記載はありません。まあ、英語サイトは読めないので英語サイトは見てませんけどね(笑)
結局うまく行かないので、Ubuntuに戻して、snap 版のVSCodeでやりますが、こっちはうまく行きます。
う〜〜ん、たぶんFlatpakでは実行環境が仮想化されているんだろうけど、コンソールで動くものが、動かないのは困ります。
そう思うと、Flatpak もう少し融通がきくか、わかりやすい設定にしてほしいなと思います。

Kubuntuのちょっとした不具合

こんにちわ。Daizoです。

最近Kubuntu 22.10をインストールしてみたんですが、私には向かないですね。
というのも、私日本語フォルダ名が嫌いなんです。なにしろ日本語でないと移動とかできないので、日本語が万が一使えない場合を考えると文字化けして何が何だか分からない状態になります。それに、いちいち日本語入力に切り替えないといけないのも面倒です。
Linuxの場合、日本語がそのままでは入力できないこともありあまりいい状態と思えないんですよね。

なので、私はフォルダ名が日本語なのをすぐにコマンドをつかって英語表記に変更します。コマンドとしては

  • LC_ALL=C xdg-user-dirs-gtk-update

で一括変換かけるのですが、Kubuntuだとフォルダアプリで見ると日本語のままなんですよね。
なので、ドキュメントのフォルダやダウンロードのフォルダがもう無いよと表示されて鬱陶しいです。
日本語フォルダに戻せばいいのでしょうが、それは最初に行ったような私の主義に反します。
なので、もとのUbuntuに戻してしまいました。
これなとかならないものかな?