Linuxのススメ

Alter Linux を中心にLinuxについて書いてみます

やっぱりAlterLinux に戻しました。

こんにちわ。Daizoです。

表題の通り、この前Kubuntuにするぜ!と変えたのですが、やっぱりAlterLinuxに戻ってきてしまいました。
というかね、パッケージ管理の pacman が何となく好きになったんですよね。
zshはなれないけど、パッケージ管理は pacman がよくて、日本語でサポートしてくるLinux となるとそんなに多くなくて、結果AlterLinuxに戻ってきてしまいました。
今回は、KDE Plasma じゃなくて、Gnomeにしてみました。なんか使いづらそうだけど、しばらくはこれでやってみようと思います。
なんか、世間では、KDEよりGnomeの方が主流って感じがしますからね。今の段階ではなぜこれがメインディスクトップとして採用されるのが多いのかよくわかりません。
まあ、使っていれば慣れるかな?

そういえば、パッケージのアップデートですけど、前は、設定コマンドを打たないといけなかったんですが、今はコマンドでアップデートして、その後GUIソフトを使用してみたら、きちんとアップデートできるようになりました。開発元がアプデートしたのかな?

なんとなくKubuntu22.04LTSへ移行しました。

こんにちわ。Daizoです。

今までAlterLinuxを使ってきたのですが、ArchLinuxベースということもあり、ローリング・リリースということもあり、Ubuntu系に移行することにしました。
Ubuntuを入れてみて触ったのですが、Gnomeがどうしても馴染めず、今までに使っていたKDE Plasma ベースのKububtu にすることにしました。
最小インストールにしたので、日本語入力がなかったので、Mozcをインストールして、使うコマンドがなかったので、それもインストールしておきました。

なんとなくですが、Arch Linux 系はローリングリリースで常に最新版が使えるのが良いのですが、開発にはイマイチ向かない感じがします。
あとは、まだ歴史が浅いので、日本語の情報がやや少ない感じがします。この辺は昔からあるしユーザの多い、Ubuntu系が良い感じがします。
また、私の場合、AlterLinux はシェルがzshなので、ちょっと使いづらいんですよね。bashにすれば良いことなんですが、それもな〜と思ってしまいます。
zshがなれない理由は、*なんかの扱いがどうも違うんですよね。これが馴染めない。なので、標準シェルをBashにしたいんですよね。
ArchLinux系だとmanjaro が良さそうなんですけど、やっぱり、日本語情報が少ない感じがするArchLinux系は避けてUbuntu系に移行しようと思った次第です。
まあ、当分は、Kubuntuで行きたいと思います。

Ubuntu 22.04 LTS が公開されましたね。

こんにちわ。Daizoです。

Ubuntuの最新LTSバージョンの22.04が公開されました。
ちょっと前に、メインではない方がXubuntuを入れていたので、アップデートすることにしました。
アップデートの手順は、前回調べた通りです。

  • sudo apt install update-manager-core
  • sudo apt update
  • sudo do-release-upgrade -d

私の場合、LTSではなく、ディスクトップだったので、最後のコマンドに ”-d”オプションをつけないとLTSにはなりませんでした。
つけないと、今のが最新バージョンです。となり、アップデートできませんでした。
本来、"-d"オプションは、β版にアップデートするオプションなんですが、NormalからLTSにするには、いるようです。
んで、アップデートしての違いですが、よくわからなかったのですが、Pythonは最新の3.10.4になってました。
あとは、ちょっとよくわからなかったですね。
いろいろバージョンアップされているんだろうけど、何が違うのかはよくわかりません。すいません。

今日はmanjaro-linux をインストールしてみた

こんにちわ。Daizo です。

今日は、manjaro Linux をインストールしてみました。
インストールしてまず困ったのは日本語入力ができないということです。
しかし、ググってみれば、日本語入力はパッケージをインストールするだけでした。
なので、ソフトウェアの追加と削除からmanjaro input でパッケージを探してインストールしました。

あとは、ほぼいつも道理なので、問題なくインストールも完了しました。

Arch系はいいですね。ローリングリリースなのでpythonなんかも最新バージョンが使えます。
今日は、Linux mint とかも入れてみたのですが、pythonが最新バージョンになりません。
また、最新バージョンにしても、tkinter 関係でバグが出てしまい、解消出来ませんでした。
まあ、古いバージョンでよければ、バグの解消は出きるのですが、やっぱり最新バージョンが使いたい!

いろいろ考えてManjaro Linux にしたのですが、Arch系なので、まだ使いこなせていませんが、pythonの最新バージョンを使うという意味では、これが一番いい選択のようです。(AlterLinuxは別のPCに入れているので、今回は除外しました)
ということで、今日の半日は、Linuxのインストールと環境構築で消えました、チャンチャン(笑)

プログラミングの勉強をPythonに変えました

こんにちわ。Daizoです。

前にちょこっとRubyを勉強し始めましたと書いてやっていたのですが、Webアプリを作る予定もないのにRubyはちょっと違うなと思い始めました。
そこで、簡単なゲームが作れるとあるPythonに勉強を切り替えることにしました。
しかしです。Macでは使える標準ライブラリ Tkinter が使えません。
きちんとパスの通ったところにあるのにそんなものはないとエラーになります。

色々調べたのですが、さっぱり解決策はなく、いろいろPython関係がインストール時にごちゃごちゃしたのが原因かと思って、システムをまるごと再インストールしてみました。
結果、変わらず。まあ、システムの再インストールは最近良くやっていたので、短時間で終わりましたが、pythonのライブラリが動かないことには納得がいかず、再度ググってみたりして原因を調査しました。
いろいろ調べた結果、次のコマンドをやってみることに

これをやったところ、tkのパッケージがあるけど、インストールしますか?と聞かれたのでYesを入力しインストールしました。
そしたら、動きましたよ。標準ライブラリのTkinter が。
やっぱり、Tcl/tk関係のパッケージが足らなかったんだね。まだパッケージ管理のpacman の使い方がよくわかってないので、もっと勉強しないといけないな。

FreeBSDってインストールも難しいのね

こんにちわ。Daizoです。

いや〜〜〜、FreeBSDをインストールしようかと思ってブートUSBを作って、インストーラを起動させるまでは良かったんだけど、全然わからない。
まあ、英語が読めないというのもあるんだけど、ユーザグループ番号とか聞かれて、さっぱりわからないので、途中でやめました。
昔は、辞典みたいな本があって、インストーラも日本語対応があったので、できたけど、今は英語で本もないので、さっぱりわからない。
う〜〜ん、難しい。
今回はやめておきます。また気が向いたら、チャレンジしたいと思います。

AlterLinuxを再インストールしてみた。

こんにちわ。Daizoです。

いろいろインストールしたり削除したので、ゴミが一杯になったのと、なんとなく現状が気に入らないので、再インストールしてみることにしました。
最初は、他のものをと思って、UbuntuとかKubuntuとか入れてみようと思ったのですが、インストーラが途中で止まってしまうので、やめてAlterLinuxを入れることにしました。
それも、やはりちょっと変えてみようかと、Cinamonとか入れてみようと思って入れてみたのですが、アイコンとか気に入らなくて、結局、PlasmaのKDEに戻しました。
まだ、デュアルブートがうまくセッテイングで来てませんが、とりあえず、今日は終わりかな。いろいろ入れて設定して気に入らないからまた入れ直してとかしてたので、1日かかりました。
あとで、デュアルブートの設定をしたいと思います。